歳が歳だから薄毛が悪化したというのも理由のひとつかも。

けれど、でもきっとそれだけに限らず日々の生活の中の問題も存在するんでは?と近頃疑惑を抱き始めました。気になるのが、毎日の食習慣です。

 

髪を作るもとになるたんぱく質が必要不可欠。だけれども肉系ばかりだと血液がドロドロして血流が阻まれるっぽいので、豆類のたんぱく源の摂取をしたのです。どうも亜鉛の摂取は育毛に対して有効らしく、それにビタミンBというのは皮膚の代謝機能を活発化する働きを持っています!

増毛を阻止する食べ物を控えつつ、薄毛ケアを助けてくれそうと思った食材を精力的に食べる日々を約2か月過ごしたでしょうか?

頭髪の量が戻ってきているみたいに感じられます!今もまだ髪の毛の抜けが心配ではありますが、快復の望みが見つかった気になりました!

 

一回頭皮の状況をきっちりチェックしました。鮮やかな赤色。真っ赤ならば血流がよいということ?

 

なんてよいように思ったのだが、頭の皮膚に関しては赤いのは血行不良、健康な頭皮ならば白いらしくて、やっぱ今の洗髪料が悪影響なのかな…?

今は育毛と平行して増毛ができる時代です。

スヴェンソンは増毛をしたまま育毛ができるシリーズがあることで有名です。

スヴェンソンはドイツの増毛メーカーですが、独自の技術で安定した定着率を実現しています。

詳しくは次のサイトを見るとよくわかりそうです。

【スヴェンソンの評判】※ココで増毛をしてはダメな人が判明 

 

急いで効きそうな増毛を応援する頭皮ケアのシャンプーをゲットしてきて頭皮の状態をよくしようと元から計画しました。

 

まず洗い上がりの頭皮の感触が歴然と異なります。頭の皮膚がピキッとするみたいなちょっとした痛みが消え失せました。

 

私たちは洗髪料を使って油を落としすぎて突っ張った洗い上がりがいいと思っていましたが、意外なことにそうではなくて、少々不十分かなと感じるくらいの洗い上がりの方が頭の皮膚には負担がかからないのでよいでしょう。