40を超え髪が減っている・・・。まだヘアスタイルでごまかしているけど、こんなペースで抜け毛が続くのか?と考えると恐い。抜け毛を軽減するためにできるライフスタイルとはどんな感じだろうか。

抜け毛対策が意味がない生活習慣

生活習慣って言えば考えつくのは食習慣でしょう。

激務なせいにし、冷凍食品や外食ばっかりの生活を送っている現状です・・・。

塩分の過剰摂取というのは内蔵だけにとどまらず、毛根にも響くらしいのです!

今のアラフォー世代においてストレスと無関係の生活をしてる男の人は希少だろうと思うけれども、言ってる私もストレスフルな生活で、そうゆうツライ環境が寝れなかったり、頭部の皮膚の血行不良などの、抜け毛ケアに対する壁と化している気がしました。

ライフスタイルを改めることは一苦労なことですけれども、ハゲ散らかしてしまうことと天秤にかけると、答えは一つです。

楽な方へ流されず健やかに生活をすることこそが育毛が成功する近道だと思う。

抜け毛はホルモンと関係あり

男性ならではのホルモンの放出が多量な人では20代や30代の時でも毛が細くなりやすくなるらしいとのことです。

だが、年齢を重ねることで頭皮や毛根の血液循環の不順や代謝の下落とそれ以外の要素も追加されるから、なんと薄い毛がすごく進行しやすいのです・・・。

脱毛の対策を行う途中で、男性だけが持つホルモンが影響を及ぼしているみたいだという話を聞いた事があります。

特に男性ホルモンによる脱毛症による髪の薄さに対してこの男性のホルモンの対策が必要不可欠だそうではありますが、ホルモンのこと素人で、病院への相談が有効な対策となるのだろうと思いるのです。

結論からして、僕自身の毛髪の抜け毛の要因には男性ホルモンの存在が親密に繋がりがあるみたいなのです。

すぐさま出来るようなケアは勿論、ホルモンのバランスということも考えて、ずっと育毛の改善を実行していきたいと本当に思っています。